ダイエット情報

腸内フローラって何?善玉菌の増やし方!

更新日:

Pocket
LINEで送る

こんにちは!みなみです!

今日は腸内フローラのお話です!

腸内フローラって何?腸内細菌100兆個?

私たちの腸の中には腸内細菌がいます。その数なんと100種類以上の細菌が100兆個以上!この腸内細菌がお花畑にたとえられ、腸内フローラと呼ばれるようになりました。腸内フローラは、一人一人異なり、健康や美容、老化などに影響が出ます。もちろんダイエットにも関係します!今さら聞けない腸内フローラの情報をお届けします!

 

腸内細菌の善玉菌・悪玉菌・日和見菌の働き!

腸内細菌は大きく分けると、3つに分かれます。その3つがこちら!

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

 

善玉菌

善玉菌は腸内で様々なビタミンを作ってくれます。健康だけではなく、美容に関するビタミンを作ってくれるのでアンチエイジング効果もありますね!そして、免疫機能を刺激し、免疫力のUPもできることから、風邪の治りや、傷の治りも良くなるでしょう。腸内は弱酸性!アルカリ性に傾けば傾くほど、悪玉菌が増えて腸内環境は悪くなる一方、弱酸性を保てれば善玉菌は増えて健康維持に繋がります!

 

悪玉菌

悪玉菌は字からの印象で、悪いことしかしないイメージですが、実はなくてはならない腸内細菌なのです。悪玉菌は、便やおならの悪臭のもとになりますが、肉などのたんぱく質を分解する働きがあるのです。悪玉菌は多くなりすぎるといけませんが、悪玉菌がなければ、肉などを分解できなくなる可能性があるため、悪いことばかりではないですね。あとは赤ちゃんの免疫を作ったりと意外に重要な役割あったのです。

 

日和見菌

善玉菌と悪玉菌は聞いたことあるのではないでしょうか?しかし、日和見菌は聞いてことはありますか?あまり聞いたことのない日和見菌…。実は大切な役割があったのです。日和見菌は善玉菌でもなく、悪玉菌でもない菌で2つの菌の多いほうの味方になります。例えば善玉菌が多くなれば善玉菌の味方に。悪玉菌が多くなれば悪玉菌の味方に。

 

健康的な腸内細菌の割合は?善玉菌の増やし方は?

健康的な腸内細菌割合は、善玉菌:悪玉菌:日和見菌→15~20:10:70~75です。これが崩れると便秘や下痢などの健康被害の元となります。そこで!善玉菌の増やし方をまとめてみました。

腸内フローラを健康に!善玉菌の増やし方

オリゴ糖や食物繊維や発酵食品、オメガ3系脂肪酸をとることです!食べたものが腸に関係するのでまずすることは、食生活の見直しです。ジャンクフードや加工食品ばっかりでは悪玉菌が増えすぎてしまいますよ。腸内細菌の割合を理想にし、腸内フローラを健康にしよう!

 

オリゴ糖が豊富な食べ物

りんご・バナナ・ハチミツ・牛乳・大豆・ゴボウ・玉ねぎ・アスパラガス・キャベツ・ヨーグルト。

 

食物繊維が豊富な食べ物

穀物、イモ類、根菜、キノコ類などの食物製品。

 

発酵食品が豊富な食べ物

納豆・ヨーグルト・キムチ・ぬか漬け・醤油・味噌・塩麹・チーズなど。

 

オメガ3系脂肪酸が豊富な食べ物

青魚・ナッツ類・アマニオイル・エゴマオイルなど。

 

 

皆さまも腸内フローラを健康的にしましょう!

 

この記事が役に立ったという方は、応援よろしくお願いします!!
ダイエットマニアは今何位?

-ダイエット情報

Copyright© ダイエットマニア達の体験談 , 2018 AllRights Reserved.