ダイエットの失敗談 ダイエットの成功談

朝バナナダイエットの落とし穴【体験談】

更新日:

Pocket
LINEで送る

私は、保育園で働いていました。保育士です。もう7年ほども前の話です。当時の年齢は22才でした。

保育中に、子ども達が私の足やお尻に触って、「柔らかくて気持ちいい」というんです。

子ども達には、笑顔で「ありがとう」なんて返事をするんですけど、気持ちとしては「要するにお肉が多いっていう事かしら」と思いました。

そんなことを思っている時に、テレビで紹介されたのが「朝バナナダイエット」でした。

みのもんたさんが司会をしていた「おもいっきりテレビ」という番組です。

まあ、今になって考えれば、テレビでの紹介は良い所ばかり、成功事例ばかりを流していたのかも知れませんが、それを観た私は「これなら私にもできるかも?」と感じた人のひとりでした。

 

朝バナナダイエットのやり方

このダイエット方法は、とても簡単なものなので、だから、私でもできるかしらと考えたんです。

それは、朝食をバナナとお水で済ませるというものです。

サプリメントを飲んだり、運動をしながらということではありません。とにかく、「朝はバナナとお水だけ」というダイエットです。

バナナは低カロリーですが、食物繊維ビタミンBが多く含まれています

  • ご飯一杯…250キロカロリー
  • 食パン一枚…170キロカリー
  • バナナ一本…100キロカロリー

朝食をバナナで済ませて、お昼と夜は普通に食べても良いという事でした。

お昼は保育園で給食が出ますから、その点でも、このダイエットなら大丈夫でした。

「よし、やってみよう」と、テレビを観た翌日から実践する事にしました。

 

バナナダイエットが売り切れで買えない!

同じことを考える人は多いなあと思いました。

翌日から、スーパーマーケットでは、バナナの売り切れ状態が連日続き、「バナナ争奪争い」のようになってしまいました。

以前ブームになった「納豆ダイエット」と同じような状態でした。

私もせっかく始めたのだからと、何軒かのスーパーを歩き回っては、念願のバナナを買っていました。

 

朝バナナダイエットの効果

肝心の効果はと言うと、始めに目標値を定めたわけでは無いのですが、2週間ほどすると、効果は表れてきました。

体重も減っては来ていましたが、それ以上に、自分で「体が軽い」と感じていました。

これは、気持ち良かったです。数値よりも感覚的に軽い感じでした。

その後、しばらくは続けていたのですが、とにかくバナナの品薄状態は大変なもので、手に入らないのでは続けられないという状態になってしまいました。

結局は、「朝を軽く済ませればいいのかしら」という結論になり、バナナダイエットは「終了」となりました。

今では、普通にバナナも売られています。

でも、また始めようという気分にはなっていませんね。

管理人みなみ
もう一人「朝バナナダイエット」の体験談を頂いてるのでご紹介していきます♪

 

私が実践したコスパがよくてお手軽な朝バナナダイエット

私は30歳のパート医療事務員であり、在宅ワークを副業としている女性です。

2008年9月19日に放送されたドリーム・プレス社のD‐1コンテストとという企画ダイエット番組で森公美子さんが実践していた、朝バナナダイエットを実践したことがあります。

私が実践した朝バナナダイエットのやり方。

  • 朝食には水と本数無制限のバナナを食べる
  • 寝る時間は夕飯を食べた4時間後

私が実践した朝バナナダイエットのやり方は以上の2つを守るだけでした。

朝以外は何食べてもよく、朝食をあまり食べない少食の私にとってはコスパよく無理なく継続できそうなダイエットだと思ったことが理由です。

朝は食べないよりは食べたほうが痩せるみたいなので、朝にバナナを食べることで栄養も摂れて一石二鳥だと思いました。

当時は学生だったので使えるお金も限られるし、10代の頃よりも体重や体脂肪の増加を明らかに感じていた私にとってはピッタリだと思えます。

朝バナナダイエットの効果

私は太っているわけではなく、普通体型を痩せた体型にしたかっただけなのですぐに効果は得られず、1週間継続しても0.5kgから1kgの範囲の変化しか得られませんでした。

朝バナナダイエットは継続が大事だと聞いたので諦めずに続けていたら1か月ほどで効果があらわれ、そこから半年間で5㎏の体重減少と大幅な体脂肪減少に成功したことがあります。

-ダイエットの失敗談, ダイエットの成功談

Copyright© ダイエットマニア達の体験談 , 2018 AllRights Reserved.